国立大学法人豊橋技術科学大学 高専連携推進センター

文字サイズ

体験実習

ホーム > 体験実習 > 体験実習募集要項

体験実習募集要項

平成29年度豊橋技術科学大学体験実習生の募集について

本学では、学校教育の充実及び学生の学習意欲の喚起等を目的として、高等専門学校生を対象とした教育研究分野の実習を行っています。受入期間、申込方法等を以下に示しますので、ご確認の上、申し込んでください。受入テーマ等の詳細は以下を参照ください。

 募集要項(本科生・印刷用)

 募集要項(専攻科生・印刷用)

受入期間

本科生

平成29年7月24日(月)から9月8日(金)の間で、各受入テーマごとに指定する日程から選んでください。(以下日程の中から指定しています。)

A日程 7月24日(月)~7月28日(金) 5日
B日程 8月21日(月)~8月25日(金) 5日
C日程 8月21日(月)~9月1日(金) 10日
D日程 8月28日(月)~9月1日(金) 5日
E日程 9月4日(月)~9月8日(金) 5日

※C日程期間中、8月26日(土)には、大学のオープンキャンパスが開催されます。

単位認定の関係で10日間必要な方のみ、C日程で都合がつかない場合、5日のコースで設定されているテーマを2つ選ぶことも可能です。

専攻科生

期間については、随時(年度内)可能です。
「平成29年度 高専生体験実習受入テーマ等一覧」に「専攻科生:随時(応相談)」としている教員と、メールにて予め相談のうえ、決定した期間を「申込書」に記入してください。(ただし、受入期間を限定しているテーマもあります。)

平成29年7月24日(月)から9月8日(金)の本科生実習期間内での受入を希望する場合は,宿舎確保の関係上,本科生申請締切と同日までに申込が必要です。また上記の期間に依らない場合は,受入希望日の1ヶ月前までに,本学教務課へ申し込みが必要となります。
 ※平成29年度の最終締切日:8月31日(木)

実習場所

豊橋技術科学大学の各研究室等

受入対象及び募集人数

高等専門学校の4年生又は5年生 100名程度
高等専門学校の専攻科生 20名程度

実習参加要件

・意欲的に実習に取り組む姿勢があること

・本学規則を厳守できること

・指導責任者の指示に従うこと

受入テーマ

本科生

平成29年度 高専生体験実習受入テーマ等一覧(本科生用)

※受入教員へ連絡する際は、@(全角)→@(半角)へ変換して下さい。

専攻科生

平成29年度 高専生体験実習受入テーマ等一覧(専攻科生用)

※受入教員へ連絡する際は、@(全角)→@(半角)へ変換して下さい。

申込方法

実習希望者は、「申込書」様式に必要事項を入力の上、各高等専門学校の担当窓口を通じて申し込みを行ってください。具体的手順は、以下に示すとおりです。

実習希望学生

  1. 実習テーマを選択してください。
  2. 「申込書」様式(エクセルファイル)を、本学HPからダウンロードしてください。
  3. 「申込書」様式に必要事項を入力し、「高専名氏名(例:○○高専○○○○)」をファイル名としてください。
  4. 「申込書」電子データを、各高等専門学校の体験実習担当窓口に提出してください。

注意点

  1. 必ず電子データ(エクセルファイル)で在籍高専の体験実習担当窓口へ提出してください。
  2. また、第2希望による受入は致しませんので、ご了承願います。
  3. 各高等専門学校の体験実習担当窓口から本学への「申込書」電子データの提出締切りは、5月19日(金)17:00(必着)となっています。(専攻科生「随時(応相談)」のテーマはこの期限以降でも申し込みできます。)必ず時間の余裕を持って申し込みください。
  4. 単位認定の関係で10日間必要な方のうち、5日のコースで設定されているテーマを2つ選ぶ場合、申込書を2つ作成し、ファイル名に1・2と追記ください。

受入の可否について

6月9日頃までに、申込書記載の各高専事務担当者宛に「受入可否及び宿泊施設」についてメールで先行連絡し、後日、文書で正式通知します。(詳細な連絡事項も文書で送付します。)

申込者多数の場合は、受入者の調整を行います。
受入「可」となった実習をやむなく辞退する場合は、速やかに、在籍高専の担当窓口を通じて本学まで連絡してください。

結果報告,評価等

必要に応じ、実施結果の報告及び提出されたレポート等に対し評価等を行います。
評価の書式は、実習学生が持参し、実習初日に本学受入教員に手渡しのうえ、実習最終日に受領して帰ってください。

※ 大学では、書類の取り次ぎを致しません。各実習生が自身の責任で、確実に受入教員に依頼し、受領してください。

必要経費

本体験実習に係る以下の経費は実習生の自己負担とします。

・自宅から本学までの交通費

・滞在費(学内施設に宿泊の場合はシーツ代(400円程度/週を含む)

・食事代

・保険料等

宿泊施設等

平成29年7月24日(月)から9月8日(金)までの間、実習中の宿泊施設として、本学構内の施設を予定しています。

全て相部屋(2人~8人程度/各室の収容能力により異なります)となります。

長期滞在用の居室ではありませんので、必ずしも満足いただけないかもしれません(個人差あり)。

より快適な環境を希望する場合は、市内のホテル等をご利用をください。

男子用

学生宿舎談話室(学生宿舎A~D棟(5階建)の2~4階を利用予定)

宿泊費 光熱水料実費(200円/1泊 程度)
収容人数 2~3名程度/1室
フローリング又はカーペット、エアコン有り、冷蔵庫無し(電力容量の制約により設置不可)
建物内にトイレ・シャワー・洗面・洗濯設備有り
浴室は、学生宿舎共用棟の大浴場を利用
※エレベータなし

学生宿舎E棟1階多目的室

宿泊費 光熱水料実費(200円/1泊 程度)
収容人数 8名程度/1室

カーペット、エアコン・冷蔵庫有り
建物内にトイレ・洗濯設備有(シャワー・洗面は学生宿舎A~D棟の設備を利用)
浴室は、学生宿舎共用棟の大浴場を利用

女子用

非常勤職員等宿泊施設

宿泊費 500円/1泊 程度
収容人数 6名程度/1室

和室、エアコン・冷蔵庫有り
建物内にトイレ・浴室(シャワー)・洗面・洗濯設備有り(他の宿泊者と共用)
建物内には、他の宿泊者も滞在する可能性あり

注意点

  • 実習初日からの宿泊にのみ対応します。遠隔地からの参加者で、実習開始日前日の宿泊が必要な場合は、豊橋市内のビジネスホテルをご紹介します。なお、実習最終日終了後の学内宿泊施設の利用には対応できませんので、ご承知おき願います。
    (学内施設宿泊者の実習初日の集合時間は宿舎説明のため10:00集合となります。)
  • 実習期間は、本学の夏期休業期間中に重なる部分があるため、食堂、売店等施設の利用ができない日もありますので、ご承知おき願います。(大学の近くにコンビニエンスストアがあります。)
  • 寝間着、洗面用具等生活用品は各自持参願います。洗濯設備を使用される場合は、洗濯用洗剤もご準備ください。
  • 希望者には、市内のホテル等(1泊・宿泊のみ:5,000円程度)の情報を大学から紹介します。予約は各自で行ってください。
  • 専攻科生で本科生体験実習日程外で実習をされる方は、以下の宿泊施設を予定しておりますが、予約で満室の場合は、必ずしもご希望に添えません。ご用意できなかった場合は、各自でホテル等の手配をお願いすることになりますので、ご了承願います。

非常勤講師等宿泊施設

宿泊費 2,500円/1泊
収容人数 シングル

洋室、エアコン・冷蔵庫・ユニットバス・洗面設備有り
建物内にトイレ・洗濯設備有り
建物内には、他の宿泊者も滞在する可能性あり

その他

  1. 災害傷害保険及び賠償責任保険に加入していることが、受入れの条件となります。
  2. 移動手段は、公共交通機関を利用してください。自動車、バイクの使用は認められません。実習開始後に自動車・バイク(自転車も含む)の使用が判明した場合は、直ちに実習を中止していただきます。
  3. 実習初日において、事前連絡なしに、集合時刻を過ぎても所定の場所に集合しない場合は、実習辞退とみなします。

申込及び問い合わせ先

問い合わせ先 豊橋技術科学大学 教務課キャリア教育支援係
住所 〒441-8580 愛知県豊橋市天伯町雲雀ケ丘1-1
TEL 0532-44-6595
FAX 0532-44-6547
E-mail kousen
※アドレスの末尾に「@office.tut.ac.jp」を補完してください。

ページトップへ